お知らせ

新型コロナワクチン接種(ファイザー製薬)の予約方法について
12月16日(土)~28日(木)の予約は明石市のホームページからお願いします。 1月4日以降の接種ご希望の方は直接当院にお電話にてご予約ください。
※1月以降の接種日は月曜日・金曜日となります。また、第一三共社製のワクチンもお選びいただけます。

  • 診察時に子宮がん検診の助成券の使用意向のおありの方は、受付時に助成券をあらかじめご提示ください。

  • 明石市の子宮頸がん検診は、今年度分は2024年3月31日までです。それ以降は今年度の助成券は使用できません。来年度は2024年6月から開始いたします。年度末になると混雑が予想されますので、ご予定のある方は早めに検診を済ませましょう。
    検診のためのご予約は不要ですが、来院日に診察の順番予約をお取りいただけると幸いです。

  • 子宮頸がん予防ワクチンは、思春期の方ばかりでなく20歳を過ぎても効果があるとされているので、できるだけ早めにキャッチアップ接種を開始されることをお勧めします。

  • 初期の子宮頸がんや異形成(子宮頸がんの前がん状態)に罹患した方、子宮頸がん検査で異常を指摘された既往のある方でも、子宮頸がん予防ワクチンは有効で、特別な副作用も無く、ワクチンを接種していただけます。

  • 子宮頸がん予防ワクチンの初回接種の年齢が15歳未満の方は、2回接種、3回接種のどちらかをお選びいただけます。2回でも3回でも効果は同等とされており、副作用の可能性の観点から2回接種をお勧めします。

  • 子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップの公費接種は2025年3月までです。16歳~26歳(1997年4月2日~2007年4月1日生まれ)の方で3回接種を完了していない方は、できるだけ早く済ませましょう。
    ※2024年11月に接種を始めれば最短の期間で3回の接種が可能ですが、いろいろなライフイベントで順調に接種が完了しない場合もよくありますので早めの接種をお勧めします。

  • 注射時の痛みを緩和する麻酔テープ(エムラパッチ)、子宮頸がん予防ワクチンでも有効でご利用できます。今なら100円でご利用いただけます。効果には個人差があり、また麻酔が効き始めるまで待合室で30分待機していただく必要があります。ご希望の方は、受付でお申し出ください。

  • 子宮頸がん予防ワクチンとインフルエンザワクチンを同時に接種していただくことも可能です。ご希望の方は受付でお申し出ください。

  • 当院ではインフルエンザワクチンに関して、妊婦様用に保存剤(チメロサール)の添付されていないワクチンをご用意しています。費用は保存剤入りのものと同じです。
    アレルギーなどで保存剤入りのワクチンを使用できない方など、保存剤の入っていないワクチンをご希望の方は、数に限りはありますが妊婦様でなくても受付でお申し出ください。

  • 年末年始の診察時間のご案内

  • 思春期の性の悩みの情報を得る有用なWebsiteをいくつか紹介します。
    詳細はこちら

  • 帯下の増加やにおいが繰り返す方で、医療機関を受診しても直ぐに再発する方。確かに症状は自覚しているのに医師に異常が無いと言われた方、生活習慣の変化で膣内の乳酸菌が減り、細菌叢が変化している可能性があります。乳酸菌は何百種類と存在しております。膣用に開発された乳酸菌製剤(コロラクト)を毎日摂取すると膣内の細菌叢が正常に変化し、お悩みの症状がする可能性があります。
    ご興味ある方はお問合せ下さい。

  • 帯下の増加やにおいが繰り返す方で、医療機関を受診しても直ぐに再発する方。確かに症状は自覚しているのに医師に異常が無いと言われた方、生活習慣の変化で膣内の乳酸菌が減り、細菌叢が変化している可能性があります。自由診療となりますが、デリケートゾーンのメンテナンスにAnowa41(デリケートゾーン専用の保湿剤)を使用すると改善する可能性があります。
    ご興味のある方はお問合せ下さい。

  • 最近、インターネット経由でピルを購入した方からのご相談が増えています。相談内容によっては、直接の診察が必要な場合も多いです。インターネットでピルを購入された方、他院で処方された方でも当院で何時でも相談可能ですので、ご心配なことがあればお気軽にお問い合わせください。

  • 最近、性感染症の疑いで受診される方が増えています。新型コロナウイルス感染症に対する対応が2類相当から5類感染症になり、人流が増しているためだと思われます。当院でも昨年度と比較し7月~9月はほぼ3~4倍の患者様が受診されました。
    心配なことが少しでもある方は無症状でも積極的に医療機関を受診されることをお勧めします。

  • インフルエンザワクチン接種時に麻酔剤を使ったテープを1回500円でご利用いただけます。テープ貼付後30分院内に待機してからのワクチン接種となりますが、ご興味のおありの方は受付でお申し出ください。

  • 当院では妊婦様には保存剤が添加されていないチメロサールフリーのインフルエンザワクチンを使用しております。料金は保存剤添加のものと同じです。安心してインフルエンザワクチン接種をお申し込みください。

  • インフルエンザワクチンご希望でネットでの順番予約の方は、人数分ご予約お願いします。

  • 新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種可能です。また、接種の間隔をあける縛りはありません。インフルエンザワクチン以外のワクチンの場合は新型コロナウイルスワクチン接種との間に2週間間隔をあける必要があります。

  • 新型コロナウイルスワクチンの秋接種が始まっています。妊婦様への新型コロナウイルスワクチンの追加接種は今でも推奨されています。ご希望の方はお申し込みください。

  • キャッシュレス決済(VISA、MASTER)、ご利用いただけるようになりました。

  • 飲むワクチン・ロタウイルスワクチンと注射のワクチンの同時接種は控えるようお願いしています。

  • 乳幼児の予防接種、同時接種に関して、当院では4種類まで同時接種が可能です。お問合せください。
    注射の痛みを軽減する局所麻酔剤のシールエムラパッチ(1枚500円)をご用意しておりますが、麻酔剤が皮膚に浸透するまで1時間のお時間を要します。ご希望の方は時間に余裕をもってお越しください。

  • 当院では他院へ通院中の方でも4Dエコー撮影(1回4,000円)が可能です。
    赤ちゃんの向きや羊水の量により撮影できない場合もあります(料金は1,000円)。
    診察時間中何時でも撮影可能です。お気軽にお問い合わせください。
    妊娠28週前後が赤ちゃんの表情がよりリアルに撮影可能です。

  • 当院に妊婦検診で通院中の方には1回だけ無料でUSBメモリーをお分けしています。妊婦検診の度にエコー画像を録画しています。
    ご家庭で、お腹のなかのベビーをお楽しみください。

  • 新型コロナウイルス感染治療薬、パキロビッドパック、ラゲブリオ、ゾコーバ全て処方可能ですが、院外処方となります。解熱剤もそれに伴い、院外処方となります。感染治療薬のメリットとして、重症化リスクが低くなる、解熱時期が若干早くなる等が知られています。若い方には関係ないような話ですが、薬剤の服用後、速やかに排菌量が下がり家族の方に移し難くなる、また、コロナの症状は軽症でも後々後遺症に悩む人が30%程いらっしゃるという報告もありますが、その後遺症が、菌量が速やかに下がる結果、軽く済むという報告もあります。ご希望の方はお申し出ください。

  • 当院では原則院内処方で、お薬をお出ししています。
    すぐにお薬のご用意ができますが、一部院外処方となり、調剤薬局にまわっていただくこともございます。
    注意:1日の診察でご利用可能なのは、院外・院内のどちらかのみで併用はできません。

  • 子宮頸がん予防ワクチン、土曜日や夜間診療でも接種可能です。接種後の院内での待機時間が必要なため、診察終了時間の30分前までにご予約ください。

  • 土曜日は比較的混雑します。できるだけインターネット予約で順番取り(診察予約)をお願いいたします。

  • 初診の方もインターネットでの診察予約は可能です。ぜひご利用ください。

  • 妊婦検診の検査内容、料金に関しましてはこちらをご覧ください。

  • 当院では分娩を取り扱ってないため、分娩予定の決定後、近隣の適切な医療機関に分娩対応に関して紹介していますが、当院で妊婦検診を受けていただけます。
    里帰り出産で、妊婦検診を当院で受けていらっしゃる方もいらっしゃいます。診察時にご相談ください。

  • 膣内環境を整えませんか?
    詳細はこちら

  • 新型コロナウイルス感染症に罹患した方は帯状疱疹を発症しやすくなることが最近報告されています。50歳以上の方は帯状疱疹発症予防のワクチンを考えましょう。疑問のある方は医師にお問合せください。

  • コロナ禍の中、性感染症が増加していることが指摘されています。
    マッチングアプリの普及や経済的貧困などの社会問題が、コロナ禍で拍車がかかったとの見方もあります。
    何かご心配なことのある方は、積極的に検査を受けましょう。

  • 感染対策の5類移行後の変化に関して
    →料金、自宅待機に関しての厚生労働省からの資料はこちら

  • 妊婦検診などの診察時、ご主人様やご家族の付き添いが可能となりました。
    ただし、院内でのマスクのご着用にご協力ください。

  • 新型コロナウイルス感染症が5類相当になり、マスクの着用の義務化も無くなりましたが、医療機関内は免疫的に弱者の方もいらっしゃいます。引き続き院内でのマスクの着用をお願いいたします。

  • 新型コロナウイルスワクチンの当院での予約が6月中で終了します。7月以降のご予約は明石市のホームページからお願いします。

  • HPVワクチンの交互接種に関して
    詳細はこちら

  • 6月10日(土)より、メルスモン注射を再開いたします。
    (出荷停止になっていましたメルスモン注射ですがこの度、出荷が再開されました。)

  • HPVワクチンの定期接種の期間が終了した方へ
    詳細はこちら

  • 子宮頸がんワクチンのキャッチアップ接種対象者の任意接種の償還払いに関して

  • 新型コロナウイルス感染症とピル服用に関して

  • 当院の外来・待合室はエアコンとは別に換気扇もついております。定員内の場合、窓を閉じ、エアコンを使用している状態で、充分換気ができていることを実測しております。安心してお過ごしください。
    ※新型コロナウイルスが2類相当から5類に変更されましたが、院内でのマスク着用にご協力ください。

  • 内診台検査の「恥ずかしさ」を和らげませんか。
    女性検査用下着(1枚350円)を置いています。
    検査の時にお声掛けください。
    →産経新聞

  • 4Dエコーで元気に動く赤ちゃんを見てみませんか
    他院通院の方でも4Dエコーの撮影が可能です。(1回4000円)
    診療時間は何時でも撮影可能ですのでお問合せください。

  • 妊婦検診エコー動画について
    当院のエコー動画はUSBメモリーに録画する形を取っております。経腹エコーで行う妊婦検診の最初にUSBメモリーをお渡しします。(紛失時、ご希望の方は有料となります。1,000円)

  • 新型コロナウイルスワクチン接種について
    4月28日(金)、5月1日(月)、2日(火)、6日(土)の予約枠に空きがございます。
    ご希望の方は、直接当院にお問い合せください。
    5月8日(月)以降のご予約は、当院又は明石市よりお願いいたします。

  • 漢方製剤の出荷調整について
    新型コロナウイルス感染症に関連して、一部の漢方薬製剤の出荷調整が行われています。十分な投薬が難しい場合もあります。
    早期の供給再開を期待しております。

  • 2023年3月10日付けで明石市こども局子育て支援室より連絡があり、2023年4月1日より、令和5年度に小学校6年生(12歳)から高校2年生(16歳)になる女子の定期接種対象者と、17歳から26歳になるキャッチアップ無料接種対象者に対して、9価HPVワクチン接種が可能となりました。3回同じワクチン接種が原則ですが、2価・4価HPVワクチン接種の途中から9価ワクチンに切り替える、交互接種も可能です。交互接種にはメリット、デメリットがございます。疑問のある方はお問い合わせください。また、2価・4価のワクチンも従来同様の接種が可能です。

  • プラセンタ(メルスモン)注が2023年2月24日付けで出荷停止となりました、出荷再開は2024年2月中旬ごろになりそうです。
    理由:製剤を製造するときの感染症スクリーニング検査法が正確に製造販売承認書に反映されていなかったため、承認証の変更手続きに時間が必要なため。
    メーカーからは製品の品質、安全性には影響が無いと聞いております。皆様にはご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。
    代替品:プラセンタ(ラエンネック)注を準備しています。*自費診療となります。

  • 当院はキャッシュレス決済の取り扱いはありません。お支払いは現金のみとなりますのでよろしくお願いします。

  • ココロとカラダに大きな負担がかかる生理。ライフスタイルに合わせてピルを服用し、腹痛や頭痛、イライラ、肌荒れなど少しでも減らしませんか。
    *ピルの処方に内診検査はありません。

  • 産後ケアを明石市の委託により始めます。
    詳細はこちら

  • マイナンバーカードを保険証としてご利用いただける「マイナ受付」を開始しています。ご利用の際は受付でお申し出ください。
    *福祉の受給者証をお持ちの方は、原本をお忘れなく。

  • ムズムズ、グスグス花粉症でお悩みの方、
    眠くならない飲み薬・貼り薬・点眼薬・点鼻薬などご相談ください。
    お待たせせずに院内で処方いたします。

  • 帯状疱疹ワクチン(シングリックス)
    疲れた時、ストレスがたまった時、ピリピリとした痛みやかゆみ。
    帯状疱疹かな?と、思われたことはないですか。
    予防効果90%以上。50歳以上の方や、罹患歴のある方に有効です。
    費用、スケジュールはお尋ねください。

  • 子宮がん検査、思いたったらそく検査。
    ご自身の身体を守る検査、お忘れではないですか。
    早期発見、早期治療が重要です。
    当院では事前予約なしで検査を受けていただけます。
    (明石市の本年度の助成券の申込期限が3月15日(水)です。21歳以上の方、明石市のHPより申し込めます)
    ※女性検査用パンツのご用意もあります。実費350円

  • 2月10日(金)から助産師による母乳外来再開します。
    1~2時間をかけて個別に母乳指導や育児相談をさせていただきます。
    原則、火曜日・金曜日
    ・持ち物:タオル2枚、ビニール袋、おむつ、お好みのミルク
    ・費用:3000円
    前日までにお電話でご予約ください。

  • お肌、潤っていますか?
    プラセンタ注射、ビタミン点滴、肌質改善薬セット
    メルスモン製薬の各種健康食品、化粧品などご興味のある方はお問い合わせください。

  • ピルやホルモン製剤を服用中は、年に1度は副作用チェックの検査が望ましいです。
    ご希望の方は受付まで。

  • 2月より、みなさまのご要望により下記の時間も診察を始めます。
    ・月曜日:夜間診療(受付時間16時~18時30分)
    ・木曜日:午後診療(受付時間13時~15時)
    ・金曜日:夜間診療(受付時間16時~18時30分)

  • 兵庫県でもインフルエンザの流行期を迎えようとしています。
    インフルエンザワクチンの未接種の方は外来診療時間にお問い合わせください。

  • 更年期障害に用いられる天然型黄体ホルモン製剤の長期(2週間以上)処方が2022年12月1日より可能になりました。乳癌リスクを上昇させず、不眠症にも効果があります。ご興味のある方は医師までお尋ねください。

  • 新型コロナウイルスやインフルエンザの疑われる発熱患者様の検査が実施できます。
    一般の患者様と診察時間を分けていますので、風邪症状の方も自己判断せずに診察時間内にお電話でお問い合わせください。

  • 外来受診のインターネット予約の受付時間が午前診9時30分から9時15分に、午後診は13時30分から13時15分に変更になりました。

  • 現在、当クリニックでは新規職員の募集はしておりません。

  • 入院部門閉鎖について


トップに
戻る